PAGE TOP

ホームページファクトリー

テンプレート型ホームページ作成ツール

トップバナー1

HOME ≫ お問い合わせページのテクニック ≫

 お問い合わせページのテクニック 【ノウハウ】

メール
お問い合わせページは、売上げに繋がる重要なページです。ここで入力が面倒に思われてしまったらお問い合わせにはつながりません。

お問い合わせページをクリックした人は、少なからず「お問い合わせをしてみよう」と思ってクリックしてくれているはずです。この会社に「こんな相談してみたいな、あの相談ものってくれるかな」と思ってくれている時です。

そんな閲覧者を逃さないようにお問い合わせページの編集テクニックをご紹介します。

入力項目が多いと嫌われる

チェック項目
むやみに項目の多いフォームは入力が面倒になり、閲覧者が途中で離脱してしまうことがあります。
せっかくフォームまで来てくれたのに、お問い合わせをせずに終わってしまうのは非常に勿体ないです。
フォームは無駄な項目を排除して、なるべく短く作りましょう。

閲覧者の気持ちになって『入力が面倒そうだな』と思ったら、項目を見直しましょう。
 

必要最低限で「必須項目」設定をしましょう

ポイント
「必須項目」とは入力しないと送信できない項目のことを言います。
これがあまりにも多かったり、なぜ入力しなければならないのか理解できなかったりするフォームは敬遠されがちです。
 
最低限、何を入力すれば送信できるのか、閲覧者が見て分かるフォームを目指しましょう。
 

お問い合わせフォーム以外の連絡先があれ案内しましょう

閲覧者の中には、メールでのやり取りに慣れていない方ももちろんいます。

もしフォームから送る以外にも電話やFAXなどでも受け付けることができるのであれば、その情報も案内しましょう。
閲覧者はお問い合わせ方法の選択肢が増え、入力の手間を避けることができます。

 ◇ まとめ ◇

【1】 入力し易いフォームを目指しましょう
 項目が多いと入力が面倒になり、お問い合わせをせずに終わってしまいます。
 また、「必須項目」は必要最低限にしましょう。

【2】 お問い合わせをする手段を広げましょう
 お問い合わせフォーム以外にも問い合わせ方法があればその情報も案内しましょう。


■関連資料
お問い合わせフォーム項目の編集方法(PDF資料)
お問い合わせフォームの追加設置方法(PDF資料)

 

 

 2019年 4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
が定休日です

 

 

 

モバイルサイト

HPFユーザーサポートサイトスマホサイトQRコード

株式会社シーピーユーモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!