PAGE TOP

ホームページファクトリー

テンプレート型ホームページ作成ツール

トップバナー1

HOME ≫ SNSの活用について 【ノウハウ】 ≫

SNSの活用について! 【ノウハウ】

 「SNS」とは何か?

0000062688.jpg
SNSとは、Social Networking Service
(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略。
社会的な繋がりのサービス、つまり、「インターネット上で様々な人と情報を共有することで交流し、社会的なネットワークを作るサービス」のことです。

インターネット上で広く使われてきた「ブログ」のような「文章を書いて、それを誰かが見て、コメントをもらうことで繋がって、情報交換や会話を楽しむ」ツールもSNSの一つと言えます。
 
 

 SNSの必要性

どのSNSを使うかを考える前に、先ずは目的を明確にしましょう。
皆さまはホームページをお持ちなのに、なぜ、SNSを使うのでしょうか?
 
それは、弊社のメインのお客様である工務店を例にとると。。。
その理由は、家づくりなどを検討している人に対して、少しでも多く目に留まるように接触することが目的だからです。これは、テレビCMや広告でも言えることですが、「人は自分の専門外の分野に関しては、接触回数が多いものを選ぶ傾向がある」という法則が関係しているとのことです。
これは、人は繰り返し接することで好感度や印象が高まり、リスクを感じにくくなるところからきています。

一般の人にとって「家づくり」とは一生に一度のこと、住宅についてほとんど知らない人が多いでしょうから、上手く情報発信し集客に繋げましょう。

 

 主要なSNSと活用方法

0000065226.jpg
 【Facebook(フェイスブック)

利用者が実名登録していることによる信頼性の高さが特徴です。
投稿した記事に対し、Facebookページに「いいね」してくれたファンがどのくらい見てくれたのか、記事をシェアして拡散してくれたのか、などを把握することが可能です。
イベント情報などお知らせを掲載したホームページの更新情報を紹介し、自社ホームページへ誘導しましょう。

 
 
0000079717.jpg
 【Instagram(インスタグラム)】

写真や動画で伝えるツールで、他のSNSと比べて、あまり文章を意識せずに使うことが可能です。
自社のターゲットとする人たちに気に入ってもらえるような写真を投稿しましょう。
 
 
0000065227.jpg
 【Twitter(ツイッター)】
 
周知したい情報をタイムリーに素早く伝えたい場合には、効果的な手段です。
イベントやキャンペーンの告知などリアルタイム性が求められる情報発信に有効です。

 自社の運用にあったSNSの導入とリスクの検討

 SNSの大きな特徴のひとつに拡散性が高いことが挙げられます。
発信する情報は一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションを取ることができ、SNSユーザーは情報を受け取ると同時に自分の意見や解釈も合わせて拡散させることが可能です。

よって、正しく使えば、自社商品やサービスの情報が拡散し高い広告効果が期待できますが、その反面、誤った情報や批判的な内容が加わって拡散されてしまうリスクもあります。

SNSは上手く活用することで、新規顧客の獲得や反響を得ることができます。
そのためにはしっかりとした社内体制、運用の確立といった入念な事前準備が大切です。
簡単に始めず、十分検討し準備しましょう。
 

 

 

 2019年 4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
が定休日です

 

 

 

モバイルサイト

HPFユーザーサポートサイトスマホサイトQRコード

株式会社シーピーユーモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!